「ファイナルTimelineバックアップ」のダウンロード

ソフトウェア

»  プログラム(EXEファイル)をダウンロード(FTB-1.zip:139 MB)

インストール方法

  1. ダウンロードしたセットアップ ファイルをデスクトップなどにコピーします。
  2. Setupac.exe ファイルをダブルクリックし、インストールを開始します。
    ※ インストール時に「コンピューターに MSVCP100.DLL がないため、プログラムを開始できません」というエラーメッセージが表示される場合、Microsoft Visual C++再頒布パッケージがインストールされていないことが考えられます。
    対処方法としてインターネットに接続してからインストールをやり直すか、同梱の RedistFull.exeを実行してMicrosoft Visual C++ 再頒布パッケージをインストールしてください。この再頒布パッケージはサイレントインストールとなっており、完了には5~10分程度かかります。
    インストール完了は、Windows コントロールパネル > アプリケーションのアンインストール(Windows XPの場合は「プログラムの追加と削除」)に “Microsoft Visual C++ 2010 x86(またはx64) Redistributable”があることで確認できます。

マニュアル・ご利用規約

注意事項

  1. GUID パーティション テーブル(GPT)ディスクは、ディザスタリカバリーの機能を用いてシステムを復元することはできません。
  2. おまかせバックアップの各カテゴリーは、ログオン中のWindows ユーザーアカウントのデータが対象になります。
  3. 複数のパソコンやユーザーのバックアップを行う場合、バックアップ先にあらかじめ個別のフォルダーを作成することをおすすめします。
  4. Program Files および Windows フォルダーのファイルはディザスタリカバリーでのみ復元できます。
  5. ダイナミック ディスクには対応していません。
  6. ディスクに不良セクタや、読み取りや書き込みに問題がある場合、正常にバックアップや復元ができないことがあります。
  7. ディザスタリカバリーを用いて、ほかのパソコンやハードディスクへ復元することはできません。
  8. パーティション情報が失われた場合、ディザスタリカバリーによる復元を行うことはできません。
  9. ネットワーク上の共有フォルダーをバックアップ先として指定する場合、その共有フォルダーのネットワーク パスが半角英数字のみの場所を指定することを推奨します。これは、ディザスタリカバリー用の起動OSが全角ひらがなと半角英数字以外の文字(漢字やカタカナ)を入力できないためです。
  10. Windows 8(8.1)/10ではデスクトップアプリとして動作します。本ソフトウェアの各画面は、デスクトップを実行して操作してください。