「ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版」のダウンロード

ソフトウェア

ダウンロードするソフトウェアについて

本ソフトウェアは、「ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版」のUSBブート版の『USBメモリ』を作成するためのツールです。また、ツールに含まれるISOファイルを汎用のCDライティングソフト等を使用し、CDブート版の『CD』を作成することも可能です。
※なお、USBメモリの作成にあたっては、4GB以上の初期化しても良いUSBメモリが必要となります。
※CDの作成にあたっては、未使用のCD-Rメディア・書き込み可能なCD-Rドライブ・CDライティングソフトを、あらかじめご用意ください。

»  ターミネータUSBメモリ作成用ツールをダウンロード(TM_USB_Copier.zip:301MB)

注意事項

USBメモリの作成について

  1. ダウンロードした、ターミネータUSBメモリ作成用ツールのファイル(TM_USB_Copier.zip)を解凍します。
  2. 初期化してもよい4GB以上のUSBメモリをパソコンに接続します。
  3. 解凍し、作成された「TM USB Copier」フォルダの中の、「TM USB Copier.exe」を実行します。
  4. 「ISOの展開先」で、ターミネータUSBメモリを作成するドライブを選択し、「展開」をクリックします。
    ※該当のUSBメモリが表示されない場合には「更新」をクリックすると、接続されているUSBメモリのプルダウンリストが更新されます。
  5. しばらく待つと、ターミネータの起動可能なUSBメモリが作成されます。
    ※起動用USBメモリには4GB以上のUSBメモリが必要です。USBメモリ内のデータは全て消去されますのでご注意ください。
    ※作成したUSBメモリをご使用いただく前に必ず、作成したUSBメモリの中に含まれる「readme.txt」をお読みください。

 

CDの作成について

  1. ダウンロードした、ターミネータUSB作成用のファイル(TM USB Copier.zip)を解凍します。
  2. 未使用のCD-Rメディアを、CD-Rドライブにセットします。
  3. 解凍した「TM USB Copier」フォルダ内のISOファイルからCDを作成します。ISOのファイル名は「T10TMZ_DUAL.iso」です。
  4. あらかじめご用意いただいたライティングソフトにて、ISOイメージからCDを作成する機能を使いCDを作成してください。
    ※ISOイメージからのCD作成方法は、お使いのライティングソフトの種類により異なります。詳細はライティングソフトのマニュアルをご覧ください。なお、各種ライティングソフトの使用方法等は、弊社サポートセンターではご案内いたしかねます。
    ※作成したCDをご使用する前に必ず、作成したCDの中に含まれる「readme.txt」をお読みください。
    ※Windows7以上をお使いの方で、ISOファイルを直接右クリックし「ディスクイメージの書き込み」メニューが表示される場合、特別なソフトをご用意いただかなくても作成が始められます。

マニュアル・ご利用規約(兼・使用許諾契約書)

»  PDFマニュアルをダウンロード(Manual_tm10BIOSUEFI.pdf:2.9 MB)

»  ご利用規約(兼・使用許諾契約書)をダウンロード(license.txt:16.0 KB)