デザイン会社のPCが起動しなくなった場合のデータ移行

パソコンが何らかの理由で起動しなくなった場合の引越し方法をご紹介します。突然、パソコンを使っていて立ち上がらなくなった、こういう経験をした方は結構たくさんいらっしゃるかと思います。こういう時、大事なデータが取り出せなくなって、仕事もできなくなってしまい本当に困ります。弊社は、長年データ復旧サービスを運営してきましたが、パソコンのハードディスクが壊れていなければ、ファイナルパソコン引越しのイメージアシスタント機能を使って、立ち上がらなくなったパソコンからデータを移行することができます。

is-in-col_002.png

■会社概要■

  • 従業員数 50名のデザイン会社
  • ■課題■

  • 世界35カ所に拠点がある
  • デザイナーが使っていたパソコンが突然起動しなくなり、デザインのデータが取り出せなくなり、業務が継続できなくなってしまった。
  • 従業員が500人のSI会社の事例です。この会社は、上場企業で、セキュリティ管理が厳しく、外付けハードディスクの使用自体が禁止されていました。この会社の課題は、外付けハードディスクを使用せずに、XPパソコンのOSをWindows7にアップグレードして、データを移行できるかということでした。

    w600_exhd-dns-dsn_1.png

    動かなくなったパソコンからの引越し方法をご紹介します。

    w600_exhd-dns-dsn_2.png

    動かなくなったパソコンの内蔵ハードディスクを取り出して、ハードディスクケースに入れます。

    w600_exhd-dns-dsn_3.png

    動かなくなったパソコンの内蔵ハードディスクを、取り出して組込んだハードディスクケースを、新しく購入したパソコンに接続します。

    w800_exhd-dns-dsn_4.png

    ファイナルパソコン引越しを起動し、動かなくなったパソコンのハードディスクやバックアップイメージを読み込みを選択します。

    w600_exhd-dns-dsn_5.png

    移行するアプリケーションを選択します。

    w600_exhd-dns-dsn_6.png

    ファイナルパソコン引越しを起動し、動かなくなったパソコンのハードディスクやバックアップイメージを読み込みを選択します。

    w600_exhd-dns-dsn_7.png

    引越し作業が完了したら、パソコンを再起動すると、従来の方法では不可能だった、立ち上がらなくなったパソコンのハードディスクからアプリ、データ、設定環境などを移行させることができます。