企業のネットワーク環境とパソコン移行作業パターン

環境に応じた移行計画を立てる

新しいパソコンへの移行
既存PCのOSアップグレード

A-1 新しいパソコンへの移行

  • 方法
    新旧PCを同一LAN上で同時接続し、ネットワーク経由で移行

新しいパソコンへの移行

A-2 新旧PCを同時に同一LAN上に置けない

  • 環境
    新旧PCを同時に同一LAN上に置けない。
  • 理由
    ・新旧PCに払出すIPアドレスが不足している。
    ・新旧PCを同一IPアドレスにする必要がある。
    ・新旧PCを同一コンピューター名にする必要がある。
それぞれのケースに応じた移行方法があります

A-2-1 外付HDD/NAS を利用した移行方法

  • お薦めの方法
    外付HDD/NASを利用した移行方法

外付HDD/NAS を利用した移行方法

A-2-2 USBポートが複数ある(CDドライブがない)

  • 状況
    USBポートが複数ある(CDドライブがない)
  • 方法
    専用USBケーブル+USBメモリを利用した移行方法

USBポートが複数ある

A-2-3 USBポートが不足(新しいパソコン)

  • 状況
    USBポートが不足(新しいパソコン)
  • 方法
    専用USBケーブル+USBメモリを利用した移行方法

USBポートが不足

A-2-4 USBポートが不足(古いパソコン)

  • 状況
    USBポートが不足(古いパソコン)
  • 方法
    専用USBケーブル+USBメモリを利用した移行方法

USBポートが不足

A-2-5 NICが複数ある

  • 状況
    NICが複数以上ある
  • 方法
    クロスケーブル+USBメモリを利用した移行方法

NICが複数ある

A-2-6 新PCが遠隔地にあり移行操作の支援が難しい

  • 状況
    新PCが遠隔地にあり移行操作の支援が難しい
  • 方法
    リモートデスクトップを利用した移行方法

新PCが遠隔地にあり移行操作の支援

B-1 OEM版(プリインストール)OSでインストールする

  • 環境
    OEM版(プリインストール)OSでインストールする
  • 理由
    ・パッケージ版OSは所持していない
    ・メーカー付属のリカバリーCDを使用する
    ・Windows7からのダウングレードモデル
    ・バックアップ作業との組み合わせ

B-1-1 既存PCのバックアップ作業と組み合わせる

  • 状況
    既存PCのバックアップ作業と組み合わせる
  • 方法
    イメージアシスタント機能を利用する

既存PCのバックアップ作業と組み合わせる

B-2 イメージでOSを展開する

  • 環境
    イメージファイルでOSを展開する
  • 理由
    ・既存PCの環境が共通化されている
    ・OSの展開作業を短縮したい

B-2-1 既存PCのイメージ作成作業と組み合わせる

  • 状況
    既存PCのイメージ作成作業と組み合わせる
  • 方法
    イメージバックアップソフトを利用する

既存PCのイメージ作成作業と組み合わせる