Windows7およびWindows 8.1からWindows10への移行

Windows 7 ProfessionalおよびWindows 8.1をプリインストールするPCの販売は2016年10月31日に終了予定。また、Windows 8搭載PCの販売終了は2016年6月30日。Windows 7のエディション搭載PCの販売は既に終了しています。

社内のPC管理者は高度な専門知識が必要です。さらに、大規模なテストや複雑なデータ移行、カスタマイズ、アプリケーションソフトの再インストールなど、各部署ごとでの移行方法を別々に管理するモジュールもなく、膨大な時間と手間は数ヶ月に及びます。
構築・メンテナンスの専門知識は必要ありません。部署ごとに移行内容を設定でき、データ、カスタマイズ、アプリケーションまで自動で移行可能。

107,250円(1台当たりの移行コスト)×100台=10,725,000円
PC1台当たりのコスト削減は、約72,000円。パソコン100台分なら7,252,500円削減!

すべてのハードウェア構成が同じ環境の場合でないと利用できず、移行元のパソコンのOS,ユーザーアカウント、設定、ハードウェア情報がそのままコピーされるので移行後のパソコンごとの再設定が大変です。
移行先のパソコンのOSや機種には依存しないので移行後の再設定が必要ありません。

ITスタッフのスキル不足で移行がスムーズに進まなかったり、そもそも、専門のITスタッフが不在のため、従業員がパソコン引越しを各自で行うため、従業員一人当たり、2~3日の業務停滞を引き起こしてしまいます。
「おまかせ引越し機能」で、 移行する項目を自動で選定 必要性が低いソフトは除外。従業員は、ゼロタッチで自動で引越し可能。