ファイナルパソコン引越しenterprise 4つの利用シーン 物理PCから仮想PCへの移行

仮想OSから実PCへの引越しや、実PCから仮想OSへの引越しができます。

仮想OSファイルのデータを利用して、ほかのパソコンに「データ、アプリケーション」の引越しができます。また、古いパソコンから新しいパソコン上の仮想OSに、移行することもできます。

仮想OSから実PCへの引越し
現在使用中のパソコンに存在する、異なるOS(Windows Virtual PCなどの仮想マシン)の、仮想OSファイルのデータを、ほかのパソコンに移行することができます。
古いパソコンの中の仮想OSファイルを、外付けハードディスクにコピーして、新しいパソコンに接続したら、引越しプログラムを実行します。
仮想OSファイルのデータ、アプリケーションなどが、新しいパソコンに、設定した通りに移行することができます。
説明画面
バックアップイメージファイルからの引越し
動かなくなったパソコンからの引越しと同様な仕組みでの移行方法として、あらかじめ古いパソコンから、バックアップを取っておいたイメージファイルを利用して、新しいパソコンにデータ、アプリケーションを引越すことができます。
古いパソコンからイメージバックアップをとり、バックアップデータから、新しいパソコンにデータ移行することができます。
説明画面