ファイナルパソコン引越しenterprise 4つの利用シーン

ポリシーマネージャー機能

ファイナルパソコン引越しenterprise 4つの利用シーン

ファイナルパソコン引越しenterpriseは、4つのパソコン移行シーンに対応しています。

ファイナルパソコン引越しenterpriseでは、社内のネットワークシステムを利用して、複数のパソコンを一度に移行する方法や、同一ネットワーク上に移行元と移行先のパソコンが存在しない場合の移行など、様々な移行シーンに対応が可能です。
それらを4つの利用シーンに分けて説明します。

1. 新しいパソコンへの移行。古いPCから新しいPCに、以前の設定、データ、アプリケーションソフトを簡単に移行できます。

詳しくはこちら
  • 管理パソコンで、「新しいパソコンへの引越し」を選択
  • 移行ルールを作成して、共有サーバーに保存
2. Windows7へのアップグレードサポート。現在使用中のPCのOSだけをアップグレードするなら、アップグレードアシスタント機能で簡単に移行可能。

詳しくはこちら
  • 管理パソコンで、「アップグレードサポート」を選択
  • 移行ルールを作成して、共有サーバーに保存
  • 上書きインストールを行い、データを残します
3. 動かなくなったパソコンからの移行。壊れてしまったパソコンからハードディスクを抜き出し、引越も可能です。

詳しくはこちら
  • 起動しなくなったパソコンのハードディスクからの移行
  • バックアップイメージファイルからの引越し
4. 物理PCから仮想PCへの移行。バックアップしたイメージファイル、仮想OS環境からの引越しや、仮想OS環境への引越しも可能です。

詳しくはこちら
  • 仮想OSから実PCへの引越し
  • 実PCから仮想OSへの引越し

ページの先頭へ