コストと時間の大幅削減

全社員のパソコン移行を管理者のパソコンで設定できるため、社員は日常業務を止める必要がありません。

管理者のパソコンから全社員のパソコン移行のプロセスを設定できるため、社員の通常業務をほとんど妨げることがありません。社員は、ただ、帰宅時に1?数回クリックするだけで、あとは自動で引越しが開始され、翌朝出社したときには、新しいパソコンで業務を開始することができます。

 従業員の業務停止時間を大幅に削減します
全社員のパソコン引越し作業を管理PCで設定
なぜ、管理パソコンで全て設定できるのか?
管理パソコンにファイナルパソコン引越しEnterpriseのポリシーマネージャープログラムをインストールすることで、どこからどこのパソコンに移行するか、何を移行するか、会社のすべてのパソコンの設定ルール、ポリシーファイルを作成することができます。
なぜ、管理パソコンで全て設定できるのか?
こんな要望におこたえしてきました

11週間で3,200台のPC移行、約2,500台をXPからWindows7に移行
・3,000以上のエンドユーザーがパソコンを使用できない時間を減少
・3,157台のPCにおいて3,840,000ドルのコスト削減
・3,200台のPCで少なくとも9,500時間の節約

3,000台のパソコンの多くは、非標準のオーダーメイドソフトの移行
・非標準アプリケーションの手動再インストール作業を自動化
・900台のPC移行のトータルなコスト削減額は189,000ドル
・1台の移行につきITスタッフの2~3時間の節約を可能とし、全体で2,700時間の削減

管理パソコンでできることを見る
マスターポリシーの作成
セッションポリシーの作成
クライアントPCの操作ポリシー
アプリケーションの移行ポリシー