様々なレベルでのレポート機能

移行完了時、移行を元に戻したときなど、クライアントプログラムが実行されるときに様々なレベルで出力される、詳細なレポート機能。

ファイナルパソコン引越しenterpriseのレポート機能は、アプリケーション、ユーザー、ファイル、レジストリーなど、移行したデータの詳細情報を、管理パソコンで設定した項目別に、レポート出力する事ができます。
レポートは、管理パソコン側、クライアントパソコン側、双方に設定した通りに出力することができます。
移行した部署毎の移行結果のレポート、移行ポリシーで設定した、内容、時間まで詳細にCSV形式で出力することができます。

アプリケーションソフトの移行レポート
アプリケーションの移行レポート出力をを設定した場合、カスタマイズされた、企業独自のアプリケーションソフトから、通常業務に必要不可欠なソフトなど、企業のIT資産であるソフトを、大量のデータ移行の際に正確に、その所在、や数などをレポートすることができます。
アプリケーションソフトの移行レポート
CSV形式で移行結果をレポート
移行の開始時間、終了時間、移行が成功したかどうか、マシン名、ユーザー名、移行したアプリ、ファイルの数、ファイルサイズなどをCSV形式でレポートします。
CSV形式でレポート
レポートの種類
移行終了時に各項目別の詳細な移行レポートを作成することができます。
出力できるレポートの種類は、以下の通りです。

アプリケーション
ユーザー名
ユーザーグループ
ディスク項目
レジストリ項目
カテゴリ別ディスク項目
カテゴリ別レジストリ項目
ディスクカテゴリ
レジストリカテゴリ
アプリケーションディスク項目

詳細レポート