ゼロタッチ、ライトタッチでの引越し実行

クライアントPCからは、ワンクリックの「ゼロタッチ」から、わずか数回のクリックの「ライトタッチ」で、引越し操作を実行することができます。

各パソコンは,1回のクリックで引越しを完了できる、ゼロタッチ、数回のクリックで完了できるライトタッチと、パソコン移行のための操作をほとんど行うことなく、引越し作業を実行することができます。
クライアントパソコンで、通常業務が終わったあとに、新しいパソコンと古いパソコンから、それぞれ共有サーバーにアクセスし、引越しソフトを起動するだけで、あとは自動で引越し作業が開始され、翌朝には、新しいパソコンでの設定は全て終了しています。

引越しソフトを起動するだけのゼロタッチ
新しいパソコンを起動します。共有サーバーにアクセスし、引越しソフトを起動します。このとき同時に、管理パソコンであらかじめ作成しておいた、引越しルール、ポリシーファイルも自動的に読み込まれます。次に古いパソコンから共有サーバーにアクセスし、引越しソフトを起動します。
説明画像
古いPCから、新しいPCに自動で引越し開始
新しいPCの画面に、「接続待ち」という表示がでたら、古いパソコンから、共有サーバーにアクセスして、引越しソフトを起動します。画面に、「古いパソコンの準備」と表示がでて、ルールファイルに従って、準備が終わると、「引越し積込み」の表示が出て、新しいパソコンに転送が始まります。データ移行の過程を表示バーで確認することができます。
引越しの過程は全て自動で行われ、クライアントPCからは、一切、画面表示を見えないように設定することもできます。
説明画像
翌朝には、設定完了の新しいPCで作業開始
古いパソコン画面では、「引越し完了」の表示、新しいパソコンの画面にも「引越し完了」の表示がでていたら、新しいパソコンを再起動します。
新しいパソコン画面に、以前使っていた、ファイルやフォルダ、アプリケーションまで、全て移行が完了しています。従業員は、新しいパソコンで通常の作業を行うことができます。
説明画像